ヴァンキッシュ|あらおクリニック

あらおクリニック
〒227-0054 神奈川県横浜市青葉区しらとり台 1-7 ヴァンテアン1F
診療科目:美容外科 美容皮膚科 形成外科 皮膚科
メニューバーMENU

ヴァンキッシュ

HOME > ヴァンキッシュ
保険診療

ヴァンキッシュが可能にする、あこがれボディ

痩身マシン vanquish

あらおクリニックに夢の痩身マシン、ヴァンキッシュが登場!

あらおクリニックでは、ヴァンキッシュを痩身システムの中核に位置づけています。痛みや熱さ・つらさを伴わない、新しい理論に基づく痩身マシンであるヴァンキッシュは、ボディメイキングの概念を変える治療として世界中で注目を浴びています!

ヴァンキッシュとは?

ヴァンキッシュは、世界初の高周波フィールドシステムという全く新しい治療方式で、脂肪細胞だけを狙って高周波を照射(1秒間に2700万回の早さで+と-が入れ替わる多数の電極から高周波エネルギーを照射)することができる治療器です。5~15ミリ程度の深さの脂肪層を均一に43~45℃まで加熱します。
青葉台ビューティークリニックのヴァンキッシュは、太ももや二の腕も治療できるスモールアプリケーターを搭載した最新バージョン「ヴァンキッシュME」です。

痩身マシン vanquish 温度
痩身マシン vanquish フィールド

脂肪細胞は、体温より高い45℃以上で一定時間(30分程度)温められると、「アポトーシス(細胞の自然死)」を起こします。ヴァンキッシュでは、皮膚の表面温度は39~42℃までしか上昇しないため、熱さを感じにくくヤケドも起こしにくいのが特徴です。 脂肪細胞がアポトーシスを起こして放出された脂肪は、体内で代謝されます。

痩身マシン vanquish

大きなスポットサイズ

20㎝×70㎝の照射面は、体のカーブに沿う形状で広い範囲の施術が可能です。43~45℃というと、熱い!と思われるかもしれませんが、これは高周波エネルギーが狙っている体内の脂肪細胞の温度。 皮膚表面は39~42℃程度なので、じんわりと温かさを感じる程度で、心地よく感じる人の方が多いようです。
1部位30分、横になっているだけの手軽な施術です(部位により、座って施術を行う場合もございます)。

こんな方におすすめです

1回のコースでウエストサイズは1~3cm減!

痛みもダウンタイムもなく、寝ているだけで気になる部分の脂肪を燃焼させます!

お腹の脂肪が気になる
脚痩せしたい
小尻になりたい
二の腕をすっきりさせたい
くびれを作りたい
代謝を良くしたい

ヴァンキッシュで痩せるしくみ

ヴァンキッシュ照射中

ヴァンキッシュの照射中は脂肪層の温度が45℃まで温度が上がりますが、皮膚や内臓はさほど温度が上がらず、通常熱さや痛みが発生することはなく、ヤケドなどのダメージもありません。ベッドに横になっているだけの、心地よい施術です。熱さを過剰に感じる場合は、出力の調整を行います。
45℃で30分間熱せられた脂肪細胞はアポトーシス(自然死)に至ります。脂肪細胞がアポトーシスを起こして放出された脂肪は、体内で代謝されます。
脂肪細胞が減った分だけサイズダウンします。脂肪細胞の数を減らすため、施術後もリバウンドを起こしにくいのが特徴です。

4~8回照射でさらに効果的に!

ヴァンキッシュ照射後から1~2カ月後にかけてサイズダウンが始まります。通常、1部位につき4回の照射をおすすめしています。8回照射を行うと、さらに高い効果が期待できます。

痩身マシン vanquish

適応部位

腹部、腰部、臀部、太もも、二の腕、ふくらはぎの施術が可能です。

痩身マシン vanquish

料金表

1回 ¥38,500(税抜)
4回 ¥132,000(税抜)
太もも(両足) ¥55,000(税抜)
二の腕(両腕) ¥55,000(税抜)
2か月通い放題 ¥330,000(税抜)
施術時間 1部位につき40分
注意事項 以下にあてはまるかたは治療を受けることができません。
ペースメーカー/除細動器、神経刺激器のインプラント/金属インプラント/
薬物ポンプ/がん/妊娠中・授乳中/感染症/熱過敏症/治療部位にある外傷・刺青/正常な感覚のない皮膚部位への適用
経過・来院など 不要 1~2週間に1回×5で1クールを目安にしています。
潜在的副作用 過度の過熱による熱傷や脂肪織炎、内出血がまれにあります。
皮膚のヒリヒリ感や皮膚の浮腫が一時的に出ることがあります。
局所的な紅斑や皮膚の赤みが一時的に出ることがあります。
月経時の施術は出血の増加がみられる場合があります。
施術中異変を感じた際はすぐにお申し出ください。
国内承認番号 230AGBZX00014000 (BTL Japan)