2016.09.23

先日サーフボートが当たり口を切った方が来院されました。

この方は皮膚から口腔内の粘膜まで貫通していたので

縫合することになりました。

 

表皮の損傷であれば軟膏を縫ったり創傷被覆材を貼って

処置をしますが、表皮の下にある真皮、皮下組織までの

深い傷であれば縫う必要があります。

この方の場合は溶ける糸を使ってしっかりと

縫っています。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

          縫う前                

                             やじるし

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

              翌日
          やじるし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                            6週間後

 

口の縫合は珍しく

私も初めて口の縫合手術を見ましたが、

ここまで綺麗になるとは思いませんでしたええ!!

損傷も大きかったので目立った傷跡になりそうな

イメージをもっていましたが、形成外科医の院長が

細かく上手に縫ったので分からないくらいの仕上がりに

なりましたへけっ♪

 

ケガの治療は

あらおクリニックにおまかせ下さいハロウィン

 

 

ringo☆☆あらおクリニックringo☆☆

TEL:045‐983‐4112