2021.09.06

いつもご覧いただきありがとうございます。 
 
 
 
先日発刊された医学雑誌Bella Pelle 2021年8月号に、荒尾院長の学会発表が注目演題として掲載されました。 
 
2021年5月に開催された第109回日本美容外科学会(JSAS)の発表で、『当院で行っている各種アクネ瘢痕に対する治療戦略』と題したニキビ痕の治療に関する発表になります。 
 
当院にて実際に行ったポテンザとピコシュアを使用した複合治療の症例とその効果についてお話しさせていただきました。 
 
 
 
学会で発表された先生方とのお写真も掲載されています。 
 
 
 
当院では「肌再生プロジェクト」として、ニキビ痕の治療・研究に力を入れています。 
 
肌再生に限らず国内外の学会にも積極的に参加し、最新の知見を取り入れ、お悩みの改善を目指していけるよう努力しておりますので、
ニキビ痕の凹凸の目立つ肌質にお悩みの方をはじめ、どうぞお気軽にご予約ください。 
 
 
 
肌質が気になる方へ… 
 
【肌再生プロジェクト】 全顔 ¥330,000(麻酔込み) 
リスク・副作用: 熱感、赤み、軽いむくみやつっぱり感(いずれも一時的なもの)、色素沈着などを生じることがあります。 
 
【ネオベルベットスキンハイパー】 全顔3回コース 220,000円(麻酔込み) 
リスク・副作用: 赤み、熱感、痒み、痛み、内出血、色素沈着などを生じることがあります。ごく稀に白抜けする可能性があります。 
 
※これらの治療の一部は、国内未承認医薬品または医療機器を用いて施術を行うことがございます。 
 治療に用いる医薬品および機器は当院医師の判断の元、個人輸入手続きを行ったものです。 
 
[template id=”5442″]