ヒアルロン酸・フィラー(注入剤)注入治療で
あらおクリニックが重視しているのは「自然さ」と「魅力の最大化」です。
当院のヒアルロン酸・フィラー注入では、
注入した後の不自然さを解消し、誰にも気づかれずに10年前の自分を取り戻したり、
気になる部分を改善できたりします。
満足度の高い、安全なヒアルロン酸・フィラー治療を
あらおクリニックは提供いたします。

カニューラを活用した「あらお式ヒアルロン酸注入メソッド」

先の尖っていない「カニューラ」と呼ばれる注入用の針を使った、ヒアルロン酸注入方法です。
最大の特徴は、針穴が少なく、とても小さいこと。
目立たなく治りが早いため、ダウンタイムの心配を最小限にできます。
カニューラを使った当院の手法では、
内出血・痛みのリスクが低く自然な仕上がりを可能とします(追加料金無し)。

「あの違和感」がない

ヒアルロン酸注入は、現在ポピュラーで多くの施設で治療されておりますが、
当院にお越しになる患者様の比較的多くの方が
初めてヒアルロン酸注射をなさる際に心配されることの一つに
「テレビなどで見る一部の芸能人の方のように
違和感のある顔立ちにならないだろうか」ということがあります。
違和感を感じる原因は、過剰な注入と不適切な部位への注入です。
当院では、豊富な解剖学的知識と卓越した技術により
ヒアルロン酸注入後の違和感を感じることなく
治療をお受けいただけますのでご安心くださいませ。

  • ホウレイ線の改善

    ヒアルロン酸の注入は、ホウレイ線の治療の第一選択です。わずかな時間で、驚くべき結果を生み出すことができます。

  • しわの改善

    額や目元のしわにも、ヒアルロン酸は有効です。
    ヒアルロン酸は、できてしまったしわを埋めるために使い、筋肉の動きでできるしわを予防するためには、ボトックスを使います。ヒアルロン酸とボトックスのコンビネーション治療は、 世界のスタンダード治療です。

  • くまの改善

    目の下のくまは、疲れて見えたり老けて見える原因です。
    ヒアルロン酸は、くまの原因のうち、「凹み」の改善に効果的です。
    目の下は皮膚が薄く、内出血を起こしやすいという特徴がありますので、なめらかなヒアルロン酸と、一番細い針を使って治療する必要があります。
    あらおクリニックでは、目の下のくまの治療経験豊富な荒尾院長が、細心の技術で治療いたします。

  • 凹みの改善

    年齢と共に、顔面の脂肪の量は減少し、皮膚のたるみの原因となります。ヒアルロン酸を注入することで、頬の高まりやふっくらした感じを出すことができ、若々しい見た目を作り出します。
    「ゴルゴ線」と呼ばれる頬の斜めのしわも、ヒアルロン酸注入で改善することが可能です。美しく歳を重ねるためのヒアルロン酸注入は、「自然な美」を目的とする、あらおクリニックの得意とする治療です。

  • アンチエイジング

    なめらかなヒアルロン酸を皮膚の奥に注入することで、失われた真皮のヒアルロン酸を補い、ハリとつやのあるお肌を取り戻すことができます。
    広い範囲にまんべんなく注入するため特殊なカニューラを使用することで、痛みと内出血のリスクを低くすることが可能となりました。
    血管の浮き出た手の甲も、ヒアルロン酸を注入することで若々しくふっくらとした状態を取り戻せます。

  • プチ整形

    お顔の印象を少し変えたいときにもヒアルロン酸は活躍します。
    目元を印象づける「涙袋作成」、鼻筋を通す、唇をふっくらさせる、あごの形を整える。
    美しさを追求してきた荒尾院長が、新たなステージの幕開けのお手伝いをいたします。

  • エランセ

    エランセはPCL(ポリカプロラクトン)という成分を主体とするフィラー(注入剤)です。PCLは外科手術で使われる「溶ける糸」の素材でもあり、微粒子状にして注入することで周囲のコラーゲン増生を促し、皮膚のハリや小じわ改善効果を生み出す「バイオ・スティミュレーター」としての機能が注目されているフィラーです。目の下や頬、額などへの注入がおすすめです。
    エランセSで1年、エランセMで2年、エランセLで3年という持続期間(吸収されるまでの期間)があります。

  • レディエッセ

    レディエッセは「カルシウムハイドロキシアパタイト」を主成分とするフィラー(注入剤)です。ヒアルロン酸よりも粘性・弾力性が高く、組織の持ち上げや輪郭の改善に適したフィラーです。
    注入すると周囲のコラーゲン増生を促すため、吸収後も若干ボリュームが維持されます。
    口周りのしわ・ほうれい線の治療や頬、こめかみ、手の甲などのボリュームアップに適しています。持続期間は約1年です。

頬の中央部、斜め方向に走る凹みのことを通称「ゴルゴ線」といいます。
頬部の脂肪が(頬部脂肪といいます)年令と共に萎縮・下垂して起こります。
注入による治療が最適です。

  • ヒアルロン酸たるみコンビネーション治療

    ヒアルロン酸注入にショートスレッド・ウルセラを組み合わせることで、強力なリフトアップ効果を生み出します。
    ヒアルロン酸でボリュームを改善しつつ靱帯を下支えし、ショートスレッドで皮膚のハリとたるみを改善し、ウルセラで引き締め効果を生み出します。たるみ改善のための最適なコンビネーション治療です。
    ウルセラについて詳しくはこちら

  • ヒアルロン酸しわコンビネーション治療

    ボトックス(ボツリヌストキシン)は、過剰な筋肉の働きを弱める作用があり、眉間や目尻、額などの表情じわの改善に有効です。ヒアルロン酸との組み合わせ治療により、気になるしわをしっかりと治療いたします。
    ボトックス(ボツリヌストキシン)について詳しくはこちら

あらおクリニックでは、世界中から荒尾院長が厳選した高品質のヒアルロン酸・フィラーのみを使用しています。
また、特に特別な機能や品質をもつヒアルロン酸・フィラーをご用意し、こだわりのご要望にもお応えできるようにしています。

コンビネーション治療

コンビネーション治療で使用するヒアルロン酸は
アラガン社製長期持続タイプヒアルロン酸(ボリューマ・ボリフト・ボルベラ・ボライト)です。

皮膚に含まれるヒアルロン酸は、うるおいやハリを保つのに重要な役割を担っていますが、
加齢により線維芽細胞の働きが落ちてくると徐々に産生量が少なくなり、
お肌の弾力が失われ シワやたるみの原因にもなります。
ヒアルロン酸注射をしたあとは、失われていたボリュームが戻りますので
ハリやたるみの改善が実感でき、うるおいの改善にも繋がります。

possibility

快適なヒアルロン酸治療のための当院の取り組み

カニューラ針を使用した注入
刺入予定位置に極細の針で局所麻酔をします。局所麻酔を使用することで痛みはなくなり、
血管が収縮するため内出血のリスクも大幅に減らすことが出来ます。

カニューラ針が使えない場合
目の周りの細かいしわ、額の横じわなど皮膚表面の細かいしわの治療には、
皮下ではなく皮膚内(真皮)にヒアルロン酸を注入する必要があります。
その場合は、可能な限り神経ブロック麻酔または表面麻酔クリーム塗布を行い、
広い範囲に麻酔を効かせて痛みを最小限に注入できるよう工夫をしています。
注入する針も使用できる最も細い針を使用いたします。

ヒアルロン酸はもともと私たちの体内にある物質で、
1gのヒアルロン酸で6リットルもの水分を保持できるほど保水力に優れています。
そのため、注入後に個人差はありますが若干腫れが起きる場合があります。
ヒアルロン酸はもともと私たちが持っているものなので、アレルギーを起こす心配はほとんどありません。
しかし、ヒアルロン酸を長持ちさせるために分子同士を結合させていますので、
その化学反応に使う薬剤や注入時の針に対するアレルギーを起こす可能性がわずかにあります。
ヒアルロン酸を入れたあと、その形が気に入らなかった場合・圧迫や塞栓による血管閉塞を疑う場合には、
ヒアルロニダーゼという酵素で溶かすことがあります(少し腫れることがあります)。

私は、ヒアルロン酸の注入においてはひとりひとりのお顔に最適なパーツの形を判断し、
違和感のないナチュラルな結果を生み出すことを目標にしています。
定期的に海外に赴きエキスパートのドクターと情報交換を行い、
治療のトレンドやより安全な手法を習得するよう努めております。
いままでヒアルロン酸注入で満足されていなかった方や、興味はあったが不安が強かった方も、ぜひ一度ご相談ください。

あらおクリニック院長 荒尾直樹