注射・点滴・サプリ|あらおクリニック

あらおクリニック
〒227-0054 神奈川県横浜市青葉区しらとり台 1-7 ヴァンテアン1F
診療科目:美容外科 美容皮膚科 形成外科 皮膚科
メニューバーMENU

注射・点滴・サプリ

注射・点滴・サプリ

HOME > 注射・点滴・サプリ
保険診療

プラセンタ注射

プラセンタとは、妊娠中お母さんとと赤ちゃんを繋ぐ臓器(胎盤)です。胎盤は妊娠中、胎児を急速に成長させると共に、成長を上手にコントロールしています。
その胎盤の抽出液であるプラセンタにも、体の不調を正常にコントロールする作用があります。
その作用は多岐にわたります。以下の表に示す効果が、大規模な研究により報告されています。
プラセンタには大きな副作用はなく、中止してもリバウンドがありません。
他の薬の副作用を和らげ、効果を高める作用もあります。

最初は1回2~3アンプルを週2回注射し、症状の改善に伴い投与量を変更することをお勧めしています。
注射方法は、皮下注射か筋肉注射です。静脈注射・点滴は危険があるため当院では行っておりません。

プラセンタ注射により改善が期待できる疾患

内科 頭痛・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
整形外科 肩こり・むちうち・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・リウマチ・関節痛・神経痛
婦人科 更年期障害・乳汁分泌不全・整理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え症・子宮筋腫
皮膚科 アトピー性皮膚炎・肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚腫瘍・白斑・口内炎
神経科 自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん
泌尿器科 前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎
眼科 アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・角膜炎
耳鼻科 アレルギー性鼻炎・耳鳴・めまい・難聴・メニエール病・嗅覚低下
歯科 歯槽膿漏・味覚低下・口内炎・舌炎・インプラント術後
その他 手術・外相の治療促進・抗がん剤・放射線治療副作用軽減

料金

プラセンタ注射(1A) ¥1,000
(症状により健康保険適応)
顔プラセンタ注射 ¥8,000

各薬剤の詳細はリンクからご覧いただけます。
●メルスモン
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3259600A1020_1_05/
●ラエンネック
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3259601A1024_1_12/
内服もございます。お問い合わせください。

高濃度ビタミンC点滴(アンチ放射線点滴)

あらおクリニックでは、アンチエイジング作用・放射線防御作用の非常に高い、高濃度ビタミンC点滴を実施しております。
ビタミンCはその高い抗酸化作用により美肌・健康維持に必須のビタミンとして知られていますが、大量のビタミンCを点滴し血中濃度を十分に高めることにより、様々な効果が得られることがわかってきました。

あらおクリニックのビタミンC製剤は、防腐剤を含まない高品質のものを海外から輸入し使用しています。
通常の点滴では多くて2g程度のビタミンCを、25g投与することにより高い血中濃度にいたします。
この時に内服のみでは得られない様々な作用が起こることがわかっています。

放射線が体内の水分に反応し発生するフリーラジカルはDNAを傷害し、これががんをはじめとする放射線障害の原因となります。
ビタミンCは、発生したフリーラジカルを迅速に消去し、放射線障害を予防することが医学論文で明らかにされています。
高濃度ビタミンC点滴は、強力な放射線防御作用をもつため、X線(レントゲン)・CT・造影・透視検査前の被ばく対策や、高線量地域へ赴く前後、高線量食品の摂取後などに行うことにより効果を発揮します。

ビタミンCはその高い抗酸化作用により、美肌(美白・ニキビ治療・コラーゲン合成)・アンチエイジング・免疫力アップ・生活習慣病予防にも効果的です。
まずは週に1回の頻度で4回続けることをおすすめしています。

G6PD(グルコース6リン酸脱水素酵素)という酵素が遺伝的に欠損している場合、溶血という副作用が生じる場合がありますので、50g以上のビタミンC点滴を行う場合、G6PD欠損症の検査が必要となります (検査料8400円、初回のみ、結果が出るまで約1週間かかります)。
一般的に40gまでは溶血発作は起こる率は低いとされています。

※がん治療目的での高濃度ビタミンC点滴は、現在医療機関からのご紹介のみとさせていただいております。ご希望の方は、紹介状をご持参下さい。

放射線被曝に対する点滴療法研究会の公式声明
http://www.iv-therapy.org/iv-therapy/Radiation_2.html

高濃度ビタミンC点滴により改善が期待できる疾患・期待できる効果

放射線障害
がんの予防
アトピー性皮膚炎
乾燥肌
にきび
アレルギー
性皮膚炎
肩こり
腰痛
免疫力向上
美白
アンチエイジング
急性上気道炎

料金

高濃度ビタミンC点滴(25g) ¥12,000
高濃度ビタミンC点滴(50g) ¥16,500
ビタミンC血中濃度測定 ¥5,000
美容高濃度ビタミンC点滴(25g) ¥15,000
施術時間 約20分
注意事項 ビタミンC濃度50g以上の点滴を行う場合、G6PD欠損症の検査が必要となります (検査料8400円、初回のみ、結果が出るまで約1週間かかります)
下記の方は注射・点滴治療を受けることができません。
・G6PD欠損症の人
・腎不全の人
・心不全や腹水のある人
・脱水症状のある人
・当該成分に対する過敏症の既往歴のある人
潜在的副作用 点滴部位の内出血、神経障害、薬剤に対する過敏症状、めまい、嘔気等。
利尿作用が強くなります。喉の渇きを感じる場合があります。
施術中異変を感じた際はすぐにお申し出ください。

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。入手経路等の明示 医師の個人輸入により導入しています。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
○主要な欧米各国での使用状況を含めた海外情報は以下となります。(2020年3月時点)
主にカナダを中心としたマーケットで流通。
米国においてFDAの取得はされていないが、米国内のマーケットのほとんどを占めるほど広く流通し、A grandfather clauseより2019年まで長期間輸入されていた。
<副作用報告(FDA)>・・・既知の副作用報告 なし
○製造元:Mylan Teoranta社(アイルランド)

にんにく注射

にんにく注射は、ビタミンB1を中心とした静脈注射です。注射をすると鼻の奥からにんにくの匂いが感じられ、また元気が出てくるので、そのイメージからにんにく注射と呼ばれています。
にんにく注射には、疲労物質の乳酸を分解する効果、ビタミンB1欠乏時の神経痛、筋肉痛、関節痛、便秘等の胃腸運動機能障害に効果があります。
にんにく注射に、ビタミンB群、ビタミンCを加えパワーアップしたにんにくビタミン注射もご用意しています。

料金

にんにく注射 ¥2,000
にんにくビタミン注射 ¥2,500

各薬剤の詳細はリンクからご覧いただけます。
●アリナミンF
https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3122401A3025_2_01/
施術時間 注射5分/点滴約20分
注意事項 ビタミンC濃度50g以上の点滴を行う場合、G6PD欠損症の検査が必要となります (検査料8400円、初回のみ、結果が出るまで約1週間かかります)
下記の方は注射・点滴治療を受けることができません。
・G6PD欠損症の人
・腎不全の人
・心不全や腹水のある人
・脱水症状のある人
・鉄過剰症の人
・当該成分に対する過敏症の既往歴のある人
潜在的副作用 注射部位の内出血、神経障害、薬剤に対する過敏症状、めまい、嘔気等。
施術中異変を感じた際はすぐにお申し出ください。